服部縫製の雑記画帖

visitor since 9/10/2004
・当サイトの新着雑記画帖です。
・気ままに更新しています。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

思い出 NHK朝ドラ
2019/10/03

昔の事を思い出した、
今月に入り、NHKで、スカーレット、という朝ドラが
始まっている。

私の故郷は、伊賀の槙山という土地です。
伊賀の朝もやが明けぬまえ、地元地域の牛乳配達の
アルバイトをすまし、西の山を目指し、自転車で、
信楽町まで、通学をしていた楽しい(つらいの間違いw)出来事、、
信楽までは、ほとんど山の中である。
峠をいくつか上り下りを繰り返し、時々、鹿やいのしし
に、出会いながらも、あの、ドラマのような風景をした
所を毎日通っていたのを思い出した。
ま、最後の一年は、バイクで通っていましたがw

デザイン科から京都のファブリック会社に入社、
テキスタイルデザインから、色々ありましたが、
(色々ありすぎて簡単には書けないがW)
私の人生、すべて”糸偏”であるw。
現在は、ここ大津市で、縫製の仕事をしているのです。
服部縫製です、よろしく、w
朝ドラ、終わるまでは、楽しみな毎朝が続くでしょうw

ドラマに出てくる定番の”狸”の由来(商業化)ですが、
三重県の槙山(我がふるさと)で生まれた方です、
京都に陶器を習い、信楽で狸を制作したようです。

今でも、私の先輩は、信楽まで陶器の仕事に、
通っているようです。

で、私は、現在ささやかながらも、
滋賀県大津市にて、忍者(伊賀上野市)の衣装
縫製もしています。w(おっと、他の洋服も縫製していますので、w)
伊賀の槙山も歴史的に、奈良の東大寺の山として、
古い歴史が記録されています。
忍者だけではないのですw

伊賀の陶器も(丸柱地域)信楽同様に有名ですし、
この機会に、訪れてみるのもいいかもしれませんね。

今は、狸は頻繁には見られなくても、鹿は、結構いますよ、イノシシに出会ったら、逃げてくださいw


--------------
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%B3%80%E7%84%BC
桃山時代の天正年間後期に入ると、伊賀領主となった筒井定次が、阿山の槙山窯にて茶の湯に用いるための茶壺、茶入、花入、水指などを焼き始めた(筒井伊賀)

信楽の狸の由来
http://www.rengetsu.co.jp/shigaraki05.htm

仕上げについて
2019/07/21

国内の縫製体系も時代とともに、
変わって行くもので、
私どものような、小さな工房は、
縫製の全工程の中で、一部の工程は、
外部の内職さんや、外注仕上げといった
部分は、外の方々に、お出しして、
進めていくのが、一般的でした。
近年、老齢化もあり、国内の縫製工場も
少なくなってきており、
外部ネットワークというものも、
取れなくなってきている事も事実です。
いいものを作るという職人技術は、
この国の一番の財産であり海外に負けない
ものがあります。
消えていくのは惜しい気もします。
この工程の中で、メーカー様に納品の
最終段階である、仕上げ(プレス)も
同様に、消えて行くか、大手のプレス工場へ
と集約される傾向にあり、
私どものような工場には、悩ましい事態でも
あります、
どなたかのアドバイスで、
「プレスといえば、クリーニング屋さんが
あるじゃないか」とのお声もい頂き、
探して、お願いしましたが、何回かお願いして、
やはり、同じような仕事に見えて、
まったく違う業者(業種)という感じは消せませんでした。
結論から言うと、自論ではありますが、
汚れたものをきれいにする、のと。
もともときれいなものを、製品として整える。
では、仕事のやり方も、その商品に向かう姿勢も、
おのずと違ってくるのでは、
と思いました。

また、依頼に関しても、
クリーニング屋さんの締めの意識は、
預かった時が締め日で、
私どものような、発注をお受けして
納品の日が、(当然ではありますが)
締め日で、そこから入金はその後という方法でなく、
先払いが原則なようでw
まー、そういうクリーニング店は多いですね、
そこからまず、商売の考え方も違ってきます。
洗いがない分、アイロンがけだけなのに、
金額も、結構高く提示されるお店もあり、
アイテムによってお受けする縫製加工に近い金額の
代金も提示される場合もあり、
これでは、、、無理だなって、
だいたい、お願いするのが無理なんでしょう、

仕上げだけの職業も、国内の、小さな工場が
いっぱい存在した頃の職業と
いえるかもしれません、
「これで食って行けないないからなくなる」
これも、必然の原理かもしれません、
このような、(縫製の)仕上げやさんが
消えて行くのはさみしいし、
それが、国内縫製工場の現状かと

結局、工房内で、最終仕上げまで、
する事になってきました。
何とかなるでしょうw

出来るまで、頑張ります、
皆様宜しくお願い致します。

びわ湖の畔の小さな縫製工場の独り言、
しみじみ思う、今日この頃です。

6月ですね
2019/06/26

今年は色々あり、
ようやく、よさこい衣装関係のお仕事、
お受けできる、季節になりました。
赤が冴えますw
HPの背景も夏空に変更ですw

ちょっと、焦りましたw
2019/06/13

2019/6/23  19:過ぎ、
このCGI掲示板も、topのカウンタもCGIがとまって
しまっていて、BKUPデータ出してきて、確認しようと
再度、Webを確認したら、直ってた、、おそらく
レンタルサーバーでの停止かと、、、

いやー、一瞬、焦りましたwww

一応、記録です。

データBKUPしておこうwww

2019年 第51回大阪ミシンショー
2019/02/07

2019年
第51回大阪ミシンショーが今年も
開催されます。
http://www.omsk.gr.jp/festival/

あけましておめでとうございます
2019/01/01

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願い致します。

本年もお世話になりました
2018/12/27

早い物で、今年もあと数日を残す事になりました。
お取引のお得意様におかれましては、
大変、お世話になり、ありがとうございました。
おかげさまで、今年も、乗り切る事が出来ました。(出来そうかなw)

年内の作業は29日までとし、
来年は、7日から初仕事、開始の予定でおります。
(年明けの仕事予定は、入っております)
日本列島は、年末から寒気の到来の予想とか、
皆様、よいお年を迎えられる事を、願っております。

(ただいま、年賀の作成中w来年の干支は亥ですね、
来年も頑張りましょう!w)



京都(東福寺)行って来た。
2018/11/16

もみじが見頃だと、今日はちょっと、東福寺の
高澤栗棘庵食事処に、昼食を食べに行ってきました。
東福寺、この中の北庭に
市松模様の苔庭を観て、感動!ちょっとHPの背景に
してみました。
人が多かったので、ちょっと風情までは、満足が半減かな、

2018/10/23

今年も、夏の祭事衣装の縫製も終わり、
(年間を通じてのお得意様のお仕事は、別ですが、)
従来の、縫製に戻っております。

でも、今年の祭事衣装は、忙しい中にも、
比較的スムーズに流れたように思います。

近江では、”三方よし”の精神があります。
皆さんに、満足して頂ける仕事で、日々、頑張っていければと、願っております。

それと、8月頃に、困っていた、仕上げと、まとめ内職、の問題は解決しております。
よかった、よかった、ありがとう。

7月は、
2018/07/13

毎年、7月の工房は、
足の踏み場もありませんw
、、、まー狭い工房ですからwww

しかし、雨の被害に遭われた地域の方、
言葉もありません。合掌

今日の地震
2018/06/18

結構大きな揺れと振動を感じましたが、
問題ありませんで、通常の仕事をしております。

お茶の一時、
2018/03/07

ドラゴンのコップはオリジナルです。
ふ〜

2/16大阪ミシンショー
2018/03/05

今年のミシンショーも行って来たので、
画像UPしておきます。
今回は、なんと、ボールペンとくじ引き(外れて駄菓子1個www)が、付いての入場で、太っ腹、大阪ミシン商業協同組合さん、
縫製新聞って、初めて知った!www
「見出し一面は、景気観は徐々に悪化の傾向へ」か、、
加工賃安定もコスト増しが影響。

ずっと悪化じゃなかったんだね、、、、

春がそこに、、
2018/03/05

2月は逃げるように、3月は去るようにと、
昔の人は言いましたが、2月も過ぎ、3月に入ると、
少しながら、温かさも感じられる気がします、
確定申告も完り、毎年のよさこい衣装も、お声をかけて
頂いておりますが、今少し、春先のメインのお仕事が
(メインのお仕事とは、年間を通じてのお得意様であり婦人服の本来の洋服の仕事の事でありますが、その他の単発のご依頼に関してもありがたく思っております。)
入っておりますので、返事は後に、、、
(衣装の他工場での衣装の釦ホールだけ、頼まれ、、断れず、、休みの間に、、まー自営業には、日曜も関係はないのですが、
一応、休みは、休みですさかいね、www
私、一応ブログ担当ではありますが、主人、社長でもありますが、
職業上ミシン職人の、工場担当は家内でありまして、お任せにて一番お偉いのであります。
また、私は、元々テキスタイルデザインの仕事が本業でしたので、
その後、某自社店舗のある会社の企画担当でありましたので商品企画は持ちろんでしたが、
京都祇園店でのシーズンごとにお店の看板など描いておったりしておりましたが、
会社にPCを導入して、簡単な顧客リストや、給与明細プログラ、など作ったりしており、
このWebページだけではなく、別キャラw、別ハンドル名があったりしております。
また、NPOパソコン整備士協会の会員でもあり、時々今でもボランティアでPCサポートなども、w
まー今思えば、これでよかったのかな。
(反省、後悔は多々あり)
先月、甲賀の叔母が突然に身罷り、伊賀に住む6歳上の母の落胆やいかに、悲しみも、春の萌しに心静かに、

春がそこに、、今日この頃です。

現在は大津市に住んでおりますが、元の生まれは、
名前のごとく、伊賀の山里です、最近は、縁があって
忍者衣装なども、受けるようになり、少しでも、
郷里に繋がっていられると、(仕事ではありますが、気持ちは、であありますw)、今年の市長の陣羽織は、
似合っていますでしょうか、いい顔していた動画を観て、想像、w、忍者衣装は伊賀(某専門店)、よさこい衣装は甲賀(某企業)、
からのご依頼で、まー詳しくは言えませんが、縁の下のお仕事ですので(まさに忍びかWWW)まー楽しいお仕事です。

これからも、皆様、よろしく、

服部縫製 Web担当

懐かしい写真
2018/02/20

懐かしい昔の写真をwebサイトで見つけました。
且l季ファブリックの当時の写真で、、、
(こんなん掲載してもいいのかなwまー古いからいいか、)
吾輩はどこにいるのかは、言いませんwww
こんな時代もあったのかと、、

予定
2018/01/17

3月のお仕事予定、入ってきています。
ありがとうございます。

2月分納期は、いっぱい、いっぱい、(汗)
なんせ、小さな工場ですので、
でも、ありがとうございます。

現在は、
2018/01/17

「白色」の装束で活動する忍者が、現在では
いるようで、まさに、忍者でも、忍気者(ニンキモノ)
を目指して、活動するようです。
今、縫製中! (伊賀の服部)

お年賀
2018/01/01

服部縫製

今年も、終盤
2017/12/20

得意先の皆様へ

いつもお世話になり、ありがとうございます。
比較的緩やかな、スケジュールで動いています、

例年通り、29日頃から、年末の休みに入ります。

来年も、
ご支援の程よろしくお願い致します。

赤と黒
2017/08/28

赤と黒のある仕事場

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -