基本的には、自社にてパターン(型紙)は、発注時に企画書(発注書)と共にお預け頂き、
自社では作りませんが、
(通常、デザイナー様はパターンをひかれ(製図)ますので、)

お預かりした物は、納品と共にご返却致します。

ご事情により、パターンがない場合も起こりえます。
(著作権ブランド品コピーを製作する事の意味ではありません。)

その場合、量産の為、1着見本サンプル縫製又は、先上げ確認の為、
自社にて、その行程(作業)を、しなければいけない事が発生します。

その場合、
現物見本などから、自社が縫製加工に必要なパターンを引き起こす場合
型紙は、
お渡し致し出来ません。

お取引が継続している間は、追加等の為、大切に保管致します。
お取引が完了しましたら、責任を持って自社にて抹消致します。

(病院等のカルテやお店のボトルキープのように解釈頂ければいいのでしょうか、)

なぜなら、あくまで自社独自の量産のための型紙として作りますので、
通常パターン屋さんが販売の為に作るものと異なります。

パターン作業代として加算は致しますが、それはパターンを作成にかかる作業経費です。
パターン作成代金ではございません通常のパターン作成(自社比較)より安いです。
また、この同じアイテムの追加受注の場合は、この型紙を使いますので加算されません。

また、追加注文の場合などパターンのみ別工場へ持ち込み、
後々、その事によって問題が生じる事を避けるためです。
この問題は、過去に何度かありますが、
私どもでは、自社で量産をする為に必要なパターンの摘出であって、
他社(工場)の量産の為に行う作業ではありませんのでご理解ください。


パターン(型紙)が必要な場合は、専属のパターン屋さん等にご依頼するか、
別途ご相談ください。


<戻る>